2012/03/23 - 東京地下室

 こんばんわ。会社からそのままZeppに直行したため、期せずしてMERRYのコスプレになってしまいました中の人です。衣装がスーツだった。

 到着したらすでにMERRYが始まっていたので、それより前のことはよくわかりません。というか、MUCC以外はよくわからないので、以下箇条書きで思ったことを書きます。

●MERRYは久しぶりに聞いたツタツタヴォーイなV系だった。最近のV系ってこんなんじゃないよね(Vの流儀しか見てないけど)。たぶん。

●ボーカルの人が昔の京(DIR EN GREY)みたいだった。MACABREからVULGARあたりのころ。

●MUCCは娼婦が聴けたので満足です。

●オナン・スペルマーメイドって、ディスクガレージの冊子とかで名前は見たことあったけど本物は初めて。ドラァグクイーンの人だったんですね。

●カリガリは今までことごとく見る機会を逃してきたので、今回初めて見れて良かったです。

●研次郎まじかっこいい。早稲田はデーモン閣下やサンプラザ中野だけでなく、研次郎を輩出したことも誇っていいと思います。

●秀仁さんの頭は、あれどうなってたんすかね?

●青さんが途中でバナナを客席に大量に投げ込みました。ラルクの人みたいにただ放り投げるのとは違って、剥いたバナナをフェラチオしてそのまま客席に放り込むなど、さすがガチの人は違うなと思いました。フヒヒ。

●カリガリのレーザーを多用した照明の演出はなかなか良かったです。

●アンコールのセッションでせんちめんたるが聴けたのはうれしかったです。

●一切紹介されなかったけど、セッションで出てきたのはデランジェの人?でした?

だいたいこんな感じです。適当でサーセン。


お勧めコンテンツ

<広告>