2012/06/19 - 布袋寅泰

こんばんわ。台風の中、布袋寅泰@武道館に行ってきました。



渡英前最後のライブ、オーケストラとの競演とのことでどんなもんになるのかと思っていましたが、聴かせる曲から縦ノリロックンロールまで幅広く演ってくれたのでかなり楽しめました。

今回はめずらしくアリーナ、前後的にも左右的にもほぼ真ん中という席だったので、その点でもいつもと違う感覚で楽しめました。そのため席による感想がだいぶ入ってしまいますがご容赦ください。

まずは、ふだん上から見下ろしてばっかりの演出、照明をド正面から見るとこんなにすごいんだということを改めて感じました。視界すべてがステージと演出になること、ステージ上から照明を浴びせられることの凄さを体験できるのはアリーナ席だけの特権だと思います。

また、「DREAMIN'」の大合唱が頭上から降ってくる、というのも強烈な体験でした。これもアリーナ席で、しかも合唱が起こるライブでないと味わえない経験ですが、言葉にできない感動がありました。



一方で、平日でかつ約1万円という値段設定のせいか、2階席は後ろ数列が埋まっていないような状態でした。これは台風とは関係ないです(もしそうなら、客席が虫食いになるはずで、後方だけごっそり客が来れないということはありえないので)。

また、全曲オーケストラにアレンジしなければならないという大命題がありますので、ソロでヒットしたロックな曲はあまりありませんでしたね。「スリル」「バンビーナ」「POISON」あたりがひとつもないというのはちょっと残念でした。BOOWY曲は「BAD FEELING」「CLOUDY HEART」「DREAMIN'」と3曲あったんですがね。



今日はそもそも台風が怖くてあまりライブに集中できなかったのがちょっと残念でした。家がちょっと離れているので、電車が止まったらアウトでしたが、なんとか動いていたのでよかったです。天候ばかりはどうにもなりませんので、これはしかたのないことなんですが。

あと、お花をくれた面子が相変わらず凄いですね。下の写真でも、左からTMRevolution、GLAY、バクチク、どっかの社長をとばして森雪之丞、高橋まこと、そしてなぜか原哲夫(北斗の拳の漫画家)です。



今日のセットリストはこちらです。

お勧めコンテンツ

<広告>