2012/07/21 - ブリーフ&トランクス

 1週間も前の話で恐縮ですが、ブリトラ@O-EASTに行ってきました。



 12年ぶりの復活ということで、現役時代をろくに知りませんが一度見ておこうと思い行ってきました。ところが後で知ったのですが、もともと現役時代はワンマンライブってやったことがなかったんですね。再結成にして初のワンマンライブ。なかなか面白い展開です。

 ブリトラって知名度はあまりありませんが、一昔前にネットでブレイクした「ハゲの歌」、原曲タイトル「小フーガハゲ短調」の歌手です。そこそこ知られているかもしれない曲をあげると「ペチャパイ」「青のり」「コンビニ」なんかでしょうか。

 ちなみに、「コンビニ」のPVに出演している女性はだいたひかるです。彼女はブリトラの事務所の後輩なんです。

 歌詞は事務所の先輩でもある嘉門達夫のようなギャグ系だったり、ちょっとしたくだらないことを歌っていたりしますが、メロディのセンスは秀逸だと思います。今回のライブのためにベスト版だけ予習しましたが、知らなかった曲でも気に入った曲がけっこうありました。

 ライブのほうは、解散後ソロを続けていた伊藤さんはさすがにステージ慣れしていましたが、芸能界を引退して花屋をやっている細根さんは緊張からかちょっと危なっかしい感じはありました。歌詞を噛んだりとかね。



 ・・・などと書きながら、どんなことがあったか思い出しているのですが、あまり思い出せません。残念です。まあEASTですから特別すごい演出があるわけでもなく、ブリトラですからコール&レスポンスが巻き起こったり逆ダイが出たりするわけでもなく、わりと平和なライブでしたのでしかたないです。

 そして、もともと一夜限りの復活とされていましたが、ライブ中のMCでも「これはまた次の機会に・・・」などとネタバレ感をプンプンさせたまま、アンコールで案の上の完全復活と東名阪ツアーが告知されました。

 名阪はまだしも、東京は年明け1月3日にZepp Tokyoだそうです。いくらなんでもこれはむりです。今回は一夜限りの限定効果で全国から集まって1,000人のところ、翌日から仕事でできれば休みたい日に東京だけで2,700人。埋まるわけがありません。1階を座席指定にすればちょうどいいかもしれませんが、それだったら1,000人強のホール、たとえば文京シビックホールとか国際フォーラム ホールCとかにすればよかったですし、ライブハウスがいいならせめてAXにしておけばよかったのにと思います。

 本日のセットリストはこちらです。

お勧めコンテンツ

<広告>