2012/08/24 - LUNA SEA ライブ概要発表

 LUNA SEAの年末年始ライブが発表されたとき、「アルバム単位で毎日セトリが変わったらいいよねー」的な話が(私のTL上の)一部で妄想されてましたが、まさかの現実となりました。

 ■The End of the Dreamを形成する3つのコンセプト決定! ≪ LUNA SEA official website


LUNA SEA LIVE2012-2013 The End of the Dreamを形成する3つのコンセプトが決定!



Concept.1

BEGINNING ERA -IMAGINE FOR MY NEW MOON-


Concept.2

RISING ERA -UN ENDING LOVE & HATE-


Concept.3

FUTURES ERA -SHINING NEW CHAOS-


各日、この3つのコンセプトから1つがセレクトされ、

その時代を象徴する楽曲が埋め込まれたセットリストとなる。


夢の終焉…

その答えは、全てを目撃した先にある。


 アルバム単位ではなくツアー単位(まあ、それも事実上アルバム単位ではありますが)で、2ツアーまたは3ツアー分を合わせて1日としていますので、厳密にはアルバム単位でセトリを組んでいるわけではないですが、それでも日替わり時代別セトリであることには変わりありません。

 となると、気になるのは、どの日にどのコンセプトなのか事前にわかるのかどうか(せめて一般発売日までには)ですね。ライブは大阪1日、東京6日の計7日あるわけですが、仮に2日分チケットがとれたとして、後になって両方とも同じコンセプトの日だったりしたら泣くに泣けません。おそらく別の日との交換希望がネット上を飛び交うことになるでしょう。


 さて、それぞれのコンセプトのタイトルは、ある程度のファンならタイトルを見ればわかるとおり、過去のツアータイトルを組み合わせたものになっています。すなわち、

IMAGINE FOR MY NEW MOON = UNDER THE NEW MOON (1991年、インディーズツアー) + IMAGE or REAL(1992年、アルバム「IMAGE」のツアー) + SEARCH FOR MY EDEN(1993年、アルバム「EDEN」のツアー)

UN ENDING LOVE & HATE = MOTHER OF LOVE, MOTHER OF HATE (1995年、アルバム「MOTHER」のツアー) + UN ENDING STYLE(1996年、アルバム「STYLE」のツアー)

SHINING NEW CHAOS = SHINING BRIGHTLY TOUR (1998年、アルバム「SHINE」のツアー) + BRAND NEW CHAOS(2000年、アルバム「LUNACY」のツアー)

 ということになります。これだけ見ると感涙ものなんですが、公式サイトにある「その時代を象徴する楽曲が埋め込まれたセットリスト」というところが若干ひっかかります。「THE ONE」を毎日やるのはいいのですが(というかやらなかったら悲しすぎます)、それ以外のセトリについては可変部分は当時のツアーに準じた曲をやるけれども、定番部分、具体的に言うとライブ本編後半の「STORM→DESIRE→TIME IS DEAD→ROSIER→TONIGHT」は毎日同じ、というのは勘弁してほしいものです。

 さて、公式発表によればわざわざアルバムタイトルではなくツアータイトルを使っていますので、アルバム収録曲を列挙するのではなく、当時のツアーのセットリストを調べてみたいと思います。ここに調べられた限りの過去のセットリストを掲載してありますが、全部見るのは大変なので、各ツアーのファイナルや東京公演を代表的セットリストとして並べてみたいと思います。一応どの曲がその時の曲なのかわかったほうがいいと思うので、その時のアルバムおよびシングルのカップリング曲を赤でマークしています。
 なお、インディーズ曲はアルバム「LUNA SEA」に入っていないものもありますが、「UNDER THE NEW MOON」時代の曲としているほか、「SLAVE」「LASTLY」など昔から存在はしていたがCD化されたのが後の時期のものはCD化時点での曲としています。

 まずは「IMAGINE FOR MY NEW MOON」から見てみます。


UNDER THE NEW MOON
EPISODE III
1991/12/29
日本青年館

01. Dejavu
02. MECHANICAL DANCE
03. IMITATION
04. BRANCH ROAD
05. SUSPICIOUS
06. SEARCH FOR REASON
07. SYMPTOM
08. SINFUL SONG
09. SANDY TIME
10. THE SLAIN
11. SLAVE
12. TIME IS DEAD
13. CHESS
14. PRECIOUS...
E1. BLUE TRANSPARENCY
E2. FATE
E3. Dejavu
IMAGE or REAL
-ENCORE TOUR-
1992/7/26
日比谷野外大音楽堂


01. Dejavu
02. MECHANICAL DANCE
03. IN MIND
04. SLAVE
05. Image
06. WALL
07. VAMPIRE'S TALK
08. SYMPTOM
09. SANDY TIME
Guitar solo
Drum solo
10. BLUE TRANSPARENCY
11. IMITATION
12. TIME IS DEAD
13. CHESS
14. NIGHTMARE
E1. MOON
E2. WISH
E3. FATE
E4. PRECIOUS...
SEARCH FOR MY EDEN
-ENCORE TOUR-
1993/8/26
日本武道館


01. JESUS
02. Dejavu
03. SLAVE
04. Image
05. IN MIND
06. STEAL
07. LAMENTABLE
08. Providence
09. Claustrophobia
10. THE SLAIN
Drum solo
11. IMITATION
12. TIME IS DEAD
13. BLUE TRANSPARENCY
14. CHESS
15. FATE
16. BELIEVE
E1. LASTLY
E2. IN MY DREAM
E3. PRECIOUS...
E4. WISH

 これを見ると、いかに初期の曲が最後まで演奏され続けたかよくわかります(ちなみに、「SEARCH FOR REASON」は「IMAGE」で音源化され、また「NIGHTMARE」はインディーズ時代の曲ですので色がついていませんが、時期的には最初期の曲であることは間違いありません)。これらだけでセットリストを組んでも今でも十分成立します。実際、インディーズ曲と「IMAGE」曲だけで2010年12月25日の東京ドーム公演は成立しましたからね。そこに「EDEN」の定番曲、「JESUS」「BELIEVE」「Providence」「SLAVE」などを加えれば、単純にほぼベスト盤的なセットリストになるものと思われます。
 なお、「UNDER THE NEW MOON」のセットリストは上記の当サイトには記載していないのですが、調べたところ1991年12月の日本青年館公演のセットリストがありましたのでそれを掲載しています。



 次は「UN ENDING LOVE & HATE」です。


LUNATIC TOKYO
1995/12/23
東京ドーム
 
 
01. LOVELESS
02. PRECIOUS...
03. JESUS
04. SLAVE
05. FACE TO FACE
06. CIVILIZE
07. LUV U
08. Rain
09. Providence
10. GENESIS OF MIND
Drum solo
11. FATE
12. Dejavu
13. IN FUTURE
14. BLUE TRANSPARENCY
15. TIME IS DEAD
16. ROSIER
E1. DESIRE
E2. TRUE BLUE
E3. IN MY DREAM
E4. BELIEVE
E5. WISH
E6. MOTHER
UN ENDING STYLE TOUR
FINAL 真冬の野外
1996/12/23
横浜スタジアム
01. WITH LOVE
02. G.
03. END OF SORROW
04. SLAVE
05. 1999
06. Ray
07. RA-SE-N
08. SELVES
Drum solo
09. Dejavu
10. DESIRE
11. FATE
12. TIME IS DEAD
13. IN FUTURE
14. ROSIER
15. HURT
E1. MOON
E2. IN SILINCE
E3. IN MY DREAM
E4. WISH
E5. FOREVER&EVER

 この2つのツアーは、それぞれファイナルとしてLUNA SEAの代表的ライブである「LUNATIC TOKYO」と「真冬の野外」が開催されていますので、それを載せています。こうして見ると、色付きの曲がかなり少ないです。特に「MOTHER」ツアーは過去の楽曲が多く、この時期の曲では「AURORA」「FAKE」「FALLOUT」が入っていません。「FAKE」はそもそも一度も演奏されたことがない曲なので、今回もおそらく演奏されないでしょうね(もし演奏されたらマニアは半狂乱になることでしょう)。
 仮にこれだけでセットリストを組むとなると、本編終盤の盛り上がりにちょっと欠けるかな、という気がします。「ROSIER」「IN FUTURE」「HURT」「DESIRE」くらいが精いっぱいでしょうか。「END OF SORROW」や「TRUE BLUE」「G.」は序盤要員なので、後半に投入してしまうと前半が盛り上がりません。いずれにしても全体的に暗く重いライブになりそうですが、ある意味それがLUNA SEAの真骨頂かもしれませんね。



 最後は「SHINING NEW CHAOS」です。


SHINING BRIGHTLY TOUR
1998/9/24
代々木第一体育館
01. Time Has Come
02. Dejavu
03. Unlikelihood
04. Love Me
05. Looper
06. LUV U
07. BROKEN
08. NO PAIN
09. Providence
10. ANOTHER
Drum solo
Ryhthm session
11. MILLENIUM
12. BREATHE
13. DESIRE
14. ROSIER
15. BLUE TRANSPARENCY
16. STORM
E1. I for You
E2. SHINE
E3. IN MY DREAM
E4. WISH
E5. UP TO YOU
BRAND NEW CHAOS ACT II
2000/12/16
石川厚生年金会館
01. TONIGHT
02. G.
03. Sweetest Coma Again
04. KISS
05. inside you
06. gravity
07. be gone
08. UNTIL THE DAY I DIE
09. VIRGIN MARY
Drum solo
Ryhthm session
10. INTO THE SUN
11. STORM
12. a Vision
13. TIME IS DEAD
14. Be Awake
E1. Dejavu
E2. Crazy About You
E3. WISH
E4. BELIEVE

 どちらも、ファイナル公演は使いにくかったので別の日を選びました。「SHINING BRIGHTLY」のファイナルは「END OF PERIOD」ですが、ファン的にはうれしいサプライズですが過去の曲が多めに演奏されており、そのツアーの代表的なセットリストとは呼べませんでしたので、初日を使いました。「BRAND NEW CHAOS」のほうはツアーとしては最終日の石川公演です。全体のファイナルとしてしまうと「THE FINAL ACT」になってしまうので、これは使えません。
 さてこれらを見てみると、これなら十分ライブ一本分のセットリストが組めます。特にこの時期は、例に挙げたセットリストからは外れていますがシングルのカップリングもかなり充実していましたので、バラエティに富んだ楽曲で構成されるセットリストになることでしょう。


 とまあ、いろいろと妄想は膨らみますが、あと半年あまり、楽しみに待ちたいと思います。

お勧めコンテンツ

<広告>