2012/09/27 - ポルノグラフィティ

 こんばんわ。19時開演だと思って余裕かまして武道館に向かったら、実は18時半開演で開演に間に合わなかった中の人です。ポルノグラフィティに行ってきました。

 チケットもちゃんと確認せず、平日なので当然19時開演だろうと思い込んでいたのが失敗でした。18時半ちょうどくらいに九段下駅について、人の流れが全然ないし、地上に出ても人がまったくいないので、まさかと思ってそこで初めてチケット確認したらまさかの18時半開演でびっくり。それでもまさか定刻開演ってことはないだろうと歩いていたら、田安門あたりで演奏が聞こえてきて二度びっくり。みなさんちゃんとチケットは確認しましょうね。

 さてライブですが、入ったら客電ついたまま演奏してたので、どうやらオープニングの演出などはなかったようですね。1曲終わってから客電が落ちました。

 今回のライブのハイライトは中盤の弦楽カルテットとの共演コーナーだったと思います。「シスター」の弦楽器を前面に押し出したアレンジはとても良かったです。大サビで歌詞を飛ばしたのは残念でしたが。

 一方、アレンジされていた「ネオメロドラマティック」はオリジナルのほうが良かったなあと思いました。あれは勢いのあるロックンロールのほうが映えると思います。中途半端にダンサブルなアレンジにしてもちょっとどうかと。

 あとは本編終盤の「サウダージ」、この曲の存在をすっかり忘れていました。個人的にこの曲のポジションは「ジョバイロ」に完全に置き換えられてました。この2曲、似てますよね。

 今回は1階スタンドだったんですが、やっぱり基本的に1階スタンド後方は最悪ですね。音もさることながら、天井が低すぎます。今回はステージ上方にビジョンがあったので、まったくと言っていいほど見えませんでした。花道付近の東西スタンド以外は、1階スタンドでF列以降は2階よりクソだと思ったほうがいいと改めて思いました。

 でもなんだかんだ言って、会場の熱気はすごかったです。熱かった。立ってるだけで汗が噴き出てくるような状態でした。1万人近くの会場のすみずみまでこれだけ熱くできるポルノグラフィティ、さすがだと思いました。

 今日のセットリストはこちらです。

お勧めコンテンツ

<広告>