2012/11/16 - SHU-GI-IN解散

 人気グループ「SHU-GI-IN」が16日、解散した。

 リーダーでチームMキャプテンのノダヨシヒコ(55)は解散の理由を「一言で理由を説明するのはヒジョ〜に難しいのですが、ざっくり言うと現状民主党でやれることはほぼやり切ったからドS☆」と語った。また、今後の活動について「12月16日にメンバーチェンジして再結成する」とも語り、一部のメンバーを脱退させたうえで近いうちに活動を再開することも決定しているようだ。

 一方、チームJのキャプテンSHINZO(58)は「ノダがリーダーではグループが維持できない」とリーダー交代を狙う意欲を見せるなど、解散に至った本当の理由はひとつではない模様。他のメンバーからの解散コメントは以下の通り。


■ チームM・チームJの複数のメンバー『グループ内の有力チームであるチームKのメンバーが新興宗教にハマりスタッフやファンを勧誘したため、他のメンバーが激怒した』


■ 小沢ガールズ『普通の女の子に戻りたい』


■ YUKIO『悪いけどみんなと同じだけの金じゃあやってられないっすよ』


 「SHU-GI-IN」は1890年に結成され、度重なるメンバーチェンジを経て現在まで120年以上続いている長寿グループで、同時期に結成された「SAN-GI-IN」(結成当時のグループ名は「KI-ZOKU-IN」)と人気を二分する超人気グループ。現在でも何年かおきにメンバー募集を行っている。


 また再結成の方法だが、AKB48でもおなじみの総選挙方式で行われ、ファンからの得票数が多かった者から順にグループに再加入することができるようだ。しかし、投票券が1人1枚しか入手できず、CDを購入しても複数枚手に入れることができないため、熱狂的なファンからは「推しメン」をメンバー入りさせられないのではないかという不満の声が上がっている。

 今回は、すでにソロ活動で成功しているSHINTARO(80)やSONOMANMA-HIGASHI(55)などが総選挙に出馬する可能性があり、新メンバーとして加入できるかどうかが注目される。(日寺事通イ言)


お勧めコンテンツ

<広告>