2013/2/14 - 僕と爆裂スーパーファンタジーと鈴木彩子 2

 先日、鈴木彩子のライブのことを書きましたが、その後ネットで検索しても鈴木彩子に触れたブログなど全然見当たらないので、いちおうここで紹介しておきます。といっても知っている人などいない(少なくともこのブログを読んでいただいている方は)と思いますが・・・。

■ ライヴスケジュール

「歌を綴る」

◆ 2013年3月9日 (土) 下北沢440 18:30/19:00

◇ 出演者:TSUNTA/SAICO
◇ 料金:前売3000円/当日3500円(1オーダー分500円別)
◇ チケット購入はライブハウスの窓口かメール予約にて


 僕はこないだのブログにも書いたとおり現地で買ってきたので手に入れていますが、メール予約した方はなんか返事来てないみたいですね。






 蟹めんまさんのマンガじゃないですけど、アマチュアのチケット販売の習慣とかよく分からないので、なんとなくメール予約が不安だったから確実に買える現地購入を選んでよかったです。といっても別にメール予約した人が買えないわけじゃなくて、そのうち連絡が来るんだと思いますが、一足先に安心できました。

 あと、鈴木彩子についてはファンサイトももう機能してないような状態なので、ファンのコミュニティを探してmixiを(何度目かもう覚えていませんが)また始めました。それだけが理由ではありませんが、彩子に限らずマイナーな話題で会話ができる場所を探しているというのが大きな理由なので、よかったらお話ししてください。
 マイミクは拒否するつもりはありませんが、できれば「livehis.comを見て来た」旨をメッセージでいただけるとありがたいです。

 もちろんTwitterで彩子の話題でお話しするのも大歓迎です。こちらもよろしくお願いします。

 最後に、Youtubeの動画をいくつか貼っておきます。
-----

 まずYoutubeにあった中で一番新しい映像だと思います。



SAICO 世界が静かで こんなに静かで


 一方こちらはおそらく一番古い映像、鈴木彩子のデビュー曲です。若いっていうか、なんか方向性がおかしいですね。せっかく高見沢が曲書いてくれたのに、なんだかよくわからないビジュアルになってしまっています。



鈴木彩子 独立戦争


 最後は、嘉門達夫の特番にアシスタントとして出演している映像です。やっていることはほとんど「爆裂スーパーファンタジー」と同じですね。番組中で嘉門が「(彩子を鍛えるのに)3年かかった」と言っているので、彩子が嘉門と同じ代官山プロダクションに入ったのが17歳ということから考えて、この映像は20歳頃のものだと思われます。嘉門が帰って来た替え唄メドレー4が今度出る、と言っているところからも、1992年初頭のものでしょう。
 なお、ファイル名に「1」とついていますが、全部で9まであります。関連動画を辿れば全部見れると思います。



嘉門達夫SP天賦の才能9-1

お勧めコンテンツ

<広告>