2013/6/28 - 凛として時雨@武道館

 こんばんわ。中の人です。1か月ぶりのライブは凛として時雨@武道館でした。

 前回テレ朝フェスで観たときも書きましたが、実にかっこいいバンドだと思います。音楽も、演出も、すべてが「凛として」いたと思います。MC以外は。



 舞台装置もこれといって派手なセットが組まれていたわけでもなく、ビジョンもなく、演出効果は照明のみ。特効なんてもちろんありません。
 そもそも3ピースバンドで本当に楽器が3つしかない(ですよね?裏でシンセとか使ってなかったですよね?)ので、一つ一つの楽器がすごく映えていました。

 序盤の曲で、これはPAのせいなのかもしれませんが、普通に演奏しているスネアの音が武道館全体にはっきりと反響していたのに鳥肌が立ちました。音響的にこれがOKなのかダメなのかは僕にはよくわかりませんが、僕にとっては最強の演出効果でした。

 あと、楽曲の鋭さというか、突き刺さるような感じは音源でももちろんわかるし、ライブだとさらに増幅されてくるわけですが、さらにライブではその空気管と180度違うMCが聴けるというのが時雨の面白さかなと思いました。ワンマンライブは初めてでしたが、まさかこんなMCがあるとは思いませんでしたよ。雰囲気的にMC一切なしのバンドだろうなと思ってましたから。

 MCタイムはライブ中盤に1カ所だけ用意されていたんですが、フロントではなくドラマーのピエール中野が延々しゃべるんですね。ていうかフロント2人はその前に引っ込んでしまったので、ドラムソロかと思ったらいきなりしゃべりだしたのでびっくりしました。

 かなり延々としゃべっていたんですが、まずつかみが「ライブハウス武道館へようこそ!」。まあこれは定番ですが、「ここは東京だぜ!?」まで言うのはあまり見かけません。しかしこれはあまり受けませんでしたね、みんなIMAGE DOWNのライブ音源なんて聴いてないんじゃないですかね。
 そして今日の会場入りの話から台湾でのライブの話につながり、なんの脈絡もなくチョコレイト!「ディスコ!」を言わされ、ウルトラソウル!「ハイ!」を言わされ、ウィ―アー!「X!」で跳ばされ、最後にはももいろクローバー!「ゼーット!」と叫ばされて長い長いMCタイムが終わりました。面白いけど、あまり面白くなかったです。

 そういえばMC中にXがレコーディングしてるのが超楽しみだって言ってましたけど、もう何年やってると思ってるんですか。横浜駅の工事くらい終わりが見えないんですけど。ピエール中野は昔からYOSHIKIファンらしいんで、YOSHIKIの発言なんか信用できないと百も承知だと思うんですが・・・。

 そのあとがドラムソロ、こちらは凄かったです。YOSHIKIのようなひたすらリズムを刻むタイプではなく、真矢みたいな流れるようなドラムソロで、僕はこっちのほうが圧倒的に好きです。さっきの流れ(他のアーティストのネタでも平気で使う)から、しまいには「うりゃあ!」「ピエール!」とかやるのかと思いましたがさすがにそれはありませんでした。さすがにないよね。

 そして後半戦も淡々と進み、最後の1曲の前で345がグッズの紹介をした以外は本当にストイックに曲を演奏するだけのライブでした。でもそれが凄く良かったです。

 アンコールもなくて(他の会場のセトリを見ると、時雨はアンコールをやらないタイプなんですね)、スパッと終わるところは潔くていいなぁと思いました。ラスト、かなりアンコールの声はかかっていましたが、それでもばっさりと客電つけちゃうところが素敵だと思います。


 そんなわけで、凛として時雨、楽曲がもちろん好きで今回初めてワンマンに来たんですが、ライブも凄くいいと思いました。このツインボーカルの鋭さを生で味わえるのはやはりライブならではで、CDしか聴かないのは絶対にもったいないと思います。345のハイトーンボーカルのかっこよさがCD以上なのももちろんですが、TKはさらにそれを上回っていました。彼はもうクレジットを「キャーキャーうるさい方」にしてもいいくらいだと思います。

お勧めコンテンツ

<広告>