2011/12/16 - HOTEI TOMOYASU

 こんばんわー中の人です。今日は布袋寅泰@渋谷公会堂に行ってきました。

 渋公は超ひさしぶりです。ライブ歴見てみたら2007年のTMN以来ということで、4年ぶりの渋公でした。



 初っ端いきなり「Dreamin'」で始まるというど真ん中ストライクの選曲で、会場は1曲目からまさに興奮の坩堝でした。渋公は狭いから、会場が本当に一体になっているというのがよくわかります。2階最後列でも顔が見えますからね。距離的には武道館2階席最前列と同じくらいじゃないかと思います。

 そしてもちろんMCでもぶちかましてくれました。「30周年のツアーとしては俺にとって大切なBOOWYの曲をはずすわけにはいかない、でも俺はBOOWYの1/4にすぎないから、我が物顔で曲を奏で歌うなんてことはできない」

 我が物顔で歌ってる人約一名いるwwwひwwむwwろwww

 その後もCOMPLEX、ソロのヒットナンバー連発といえるセトリで、最後まで盛り上がりっぱなしでした。ただどれもこれも古い曲で、30周年ツアーと銘打ちながらキャリアの前半に偏った選曲になっており、逆に新しい曲をここまで排除しちゃうかふつう?とも思わされました。

 でもその答えはあっさりアンコールで出ました。一番新しい曲だというシングル曲をやったんですが、客の反応が悪いことといったら。全然知らないんですね。みんな昔の布袋が好きなのであって、今の布袋のファンだという人は少ないんでしょうねきっと。この曲だけ棒立ち率がハンパじゃなかったです。

 さらにアンコールのMCで「きょうはまこっちゃんもまっちゃんも見に来てくれています」って言ったときの会場のざわめきもこれまだ凄かったです。つまり今日は渋谷公会堂にBOOWYの3/4がいたわけですね。

 BOOWYの人約一名たりないwwwひwwむwwろwww

 しかし、布袋のBOOWYは「BAD FEELING」くらいしか聴いたことなかったんですが、やっぱり違和感がありますね。けっこう客に歌わせる比率が高かったですが、いっそBOOWYの曲はギターに徹して、客に歌わせるのもありだと思います。BOOWYに関して言えばこちらはギターが本物ですがボーカルはいわばコピーなわけで、どちらかというと僕らはギターが聞きたいんですよ。一方本物のボーカルが聴きたければ僕らは氷室のライブに行けばいいわけで、そして頭の中で合成して聴くとあら不思議、ほぼBOOWYが楽しめます



 とはいえもちろん楽しかったです。今年観たライブの中では氷室と並んで双璧だと言えます。氷室と布袋の共演はおそらくもう二度とないでしょうが、別々に見られるだけでもまだいいかなと思いました。
 何が良いって、歌ってフロントに立てるギタリストってなかなかいませんから、ロック小僧なら楽しいに決まってます。ソロでも活動してるギタリストはいますが(高見沢とかSUGIZOとか)、それなりに成功しているのは布袋だけですからね。日本一のソロギタリストと言っていいと思います。もしhideが生きていたら布袋とhideがツートップだったでしょうけれど。

 あと会場の2階ロビーには衣装とギターが展示されていましたが、その背景を見て友達が気がつきました。「この2つのロゴって日本と韓国の色なんですね。」ああ、なるほど・・・・。




 晩ご飯は、けっこう有名らしい「GOLD RUSH」でハンバーグ食べてきました。金曜限定ということで450gのハンバーグが1,050円だったのでそれを食べたんですが、これは多いです。金がなくていつも腹をすかせている学生向けだと思います。食が細くなり始めたサラリーマンにはきつい量です。さらに、ハンバーグが4つあるのに対してソースが1種類しかないというのは拷問です。せめてデミグラスと和風の2種類あれば全然違うのに。
 あと、1月1日はランチ1円で提供されるそうです。正月から1,000円のためにわざわざ渋谷まで来ねぇよ!と思いますが、きっと乞食が朝から並ぶんでしょうね。いつも思いますが、学生でも1,000円の価値って時給換算で1時間かせいぜい1.5時間分だと思うので、2時間並んだら明らかに損してるんですが、なんでそういう計算をしないのか不思議です。計算がそもそもできないんでしょうねえ。馬鹿だ。



 本日のセットリストはこちらです。

お勧めコンテンツ

<広告>